多摩大学産官学民連携 Activities Examples多摩大学産官学民連携 Activities Examples

産官学民産官学民

多摩市立聖ヶ丘小学校2年生 大学の仕事を体験

1月22日、多摩市立聖ヶ丘小学校2年生7名が「生活科」学習の一環で来校、図書館にて大学で働く人(教職員)へのインタビューと出原研究室のお仕事体験をしました。

同校では低学年の生活科において、児童が主体的に探究課題を設定し、様々な活動に取り組み、学びながら持続可能な開発のための教育を推進、2年生では「とび出せ!町のたんけんたい」(身の回りの地域に興味をもつ)というテーマに沿って授業を行うものです。

経営情報学部 出原至道教授と産官学民連携センター事務課 矢内直美職員へのインタビューでは、「仕事をしているときの気持ち」について質問があり、出原教授から「授業で知らないことを知ったときの学生の達成感に満ちた顔を見ることが好きです」、矢内職員から「地域の方と出会い、一緒に活動できることが楽しいです」との回答がありました。

次の「仕事で心がけていることはありますか」との質問には、出原教授から「学生が卒業した後に自分で考えて生きていけるような授業を行っています」、矢内職員から「大学の窓口担当として笑顔で対応、安心して話ができるような雰囲気づくりを心がけています」と説明がありました。

小学生は事前にインタビューにおける質問を用意しており、大人からの回答を事前に用意した質問用紙に一生懸命書きこんでいました。

最後に出原研究室のVR機材の備品整理など研究に携わるお仕事を体験し、帰り際には「多摩大学で働きたい」「もっと大学探検したい」との感想がありました。 大学の教育や研究等が地域社会において必要な存在であること、そして、本学が地域から頼られる大学になれるよう日々活動していることを伝える機会となり、子どもたちが将来の目標や進むべき道が見つかったとき、大学で学ぶことが選択肢の1つになることを期待します。

このプロジェクトをシェアする:

インタビューの様子

インタビューの様子

一生懸命メモを取っている様子

出原先生のお手伝い(VRゴーグルの動作確認)

教務課や学生課職員にインタビュー

名残惜しけれど今日は帰ります

タグ:

関連ニュース

2023年07月10日

多摩市立聖ヶ丘小学校2年生のみなさんが大学訪問(探検)2023

6月30日、多摩市立聖ヶ丘小学校2年生のみなさんが「生活科」(とび出せ!町のたんけんたい)の学習の一…詳しくはこちら
2023年06月05日

多摩市立聖ヶ丘小学校ICT授業支援活動2023

本学の学生延べ9名・職員2名が多摩市立聖ヶ丘小学校の授業支援に参加し、1年生2クラス約40名が使用するiPad操作の手伝いを行いました。詳しくはこちら
2023年01月19日

冨髙日向子さん(北京オリンピック日本代表選手)が多摩市立聖ヶ丘小学校にて講演

多摩市立聖ヶ丘小学校にて本学経営情報学部の冨髙日向子さん(2022年北京オリンピック冬季大会スキー・フリースタイル女子モーグル日本代表選手)が小学4年生~6年生に向けて講演会「モーグル選手になった私~未来への挑戦~」を行いました。詳しくはこちら
2022年05月26日

多摩市立聖ヶ丘小学校ICT授業支援活動2022

多摩大学学生が多摩市聖ヶ丘小学校にて1年生のパスワード設定作業などのお手伝いをしました。詳しくはこちら
2021年11月04日

多摩市立聖ヶ丘小学校2年1組多摩大学チームのみなさんが大学訪問(探検)2021

多摩市立聖ヶ丘小学校2年1組大学チーム(4名)のみなさんと担任の岡健人先生が生活科の「もっと知りたい たんけんたい」の学習の一環として多摩大学に来校されました。詳しくはこちら
2021年05月13日

多摩市立聖ヶ丘小学校ICT授業支援2021

多摩大学の学生2名が授業支援に伺い、2年生のパスワード設定作業などのお手伝いをしました。詳しくはこちら