多摩大学産官学民連携 Activities Examples多摩大学産官学民連携 Activities Examples

産官学民産官学民

ろうきんと地域金融

2024年7月3日

6月27日、中央労働金庫総務人事部 武田聡一郎氏と石川萌々子氏を講師に迎え、「中央労働金庫多摩大学セミナー」と題して講義が行われました。

日本で唯一の福祉金融機関・労働金庫(以下、ろうきん)は、全国に13あり、同庫はその中で首都圏を中心とする関東1都7県で事業を展開している協同組織の福祉金融機関。

授業では同庫の社会的な役割やこれまでの歴史、事業内容等や融資先となる労働組合についての解説や銀行との組織構図の違いやビジネスモデルについて説明があった。金融機関のAI化など顧客の多様なニーズに対応するためには、対面サービスとの組み合わせの必要性があるなど金融機関の現状と課題を理解することで学生の将来のキャリア形成を考える機会とっなった。

「地域金融論」(担当教員:長島剛教授、履修人数:110名)では銀行や信用金庫等の金融機関について学び、自治体や企業、NPOなどと連携しながら地方創生を行っている事例を研究、地域の未来を創造することを目標としている授業です。

中央労働金庫
https://chuo.rokin.com

このプロジェクトをシェアする: